はじめまして藤田貴浩と申します。
絵を描くのが好きです。
これからよろしくおねがいします。

話は変わります。

2年も前になれば僕は元気な大学生で、友人宅が自宅見たくなってこれぞまさに青春の野放しみたいな感じで、腕時計もそんなに見てない生活でした。

とある日、友人がシュルレアリスムの授業から会得したという奇怪なレクリエーションは僕らを夢中に押しやりました。楽しいのです。それはいたって簡単すぎて話すのが億劫になるくらいで、まぁ要するになんでもありの世界でした。

で今回載せるマンガはそれらの手法を用いて仲間3人で作ったマンガです。2、3年前に描いたんですがたまたま本棚から出てきたのでUPしたいと思います。キャラだけを固定し、ページをランダムに割り振った後、適当にマンガを書くというものでした。忘れましたが。

ではとりあえずどうぞ。

映画化決定らしいです。

ケイオスなのに何故か全編を通して静かですね。ちなみに未だに友人といろいろやるんですけど出来上がった作品の中では一番静かで、一番邦画臭がする感じです。

映画化はしません。

 

 

Comments are closed.